ラーナビリティ(学習意欲)とは

ラーナビリティ(学習意欲)とは: 会社から必要とされる人物であり続けられるよう、自分のスキルを素早く成長させ適応しようとする意欲と能力のこと。

技術革新が急速な変化を遂げている現代では、新しいことを学ぶチャンスを積極的に求める方は、キャリア向上において有利になるという意識が広がっています。 仕事での成功は、変化に適応する個人の能力と自分のキャリアを高めたいという意志の強さによって決まります。

「従業員の意欲向上と育成を図るとともに、長く貢献できるような職場を作るにはどうしたらよいのか、新しい発想で考えるべき時が来ています。 こうした環境の中、ラーナビリティ(学習意欲)は社員や個人、両方の立場にとって成功を手にするための切符のようなものです。」 - マーラ・スワン(Mara Swan)、マンパワーグループ グローバル戦略・人事部門取締役副社長

Learnability Quotient™は、ユーザーが自分の学習タイプをチェックし、成長や意識向上の方法についてアドバイスを受けることができる新たなソリューションです。また企業にとっては、社員のインサイト(深層心理)を有効なデータで把握することができます。

なぜラーナビリティ(学習意欲)が重要なのか?

変化の激しい市場環境の中で、個人は企業に求められる存在であり続けるために、継続的かつ積極的に能力開発の機会を求め、企業は従業員が新しいスキルを身に付け、新しいプロセスやテクノロジーに適用できる環境/仕組みを作る必要があります。 好奇心が、個人の雇用適性を判断する材料とされてきました。このような背景から、個人の俊敏性を示す要素であるラーナビリティ(学習意欲)はキャリアの流動性に関する指標として活用することができます。 組織が従業員への投資と能力開発を行う際に、これらの指標に対するインサイトがあれば、従業員のパフォーマンスを最大限に高め、意欲を引き出す方法について望ましい意思決定が可能となります。

「企業はラーナビリティ(学習意欲)を評価し、これに見返りを与えるべきです。 人材の流出や重要戦力の不足を防ぐために、ラーナビリティ(学習意欲)を向上させる必要があるでしょう。」 出典:ミレニアル世代のキャリア: 2020年に向けたビジョン、マンパワーグループ2016

マンパワーグループは、Hogan X(個人・性格アセスメントのトッププロバイダーであるHogan Assessmentsの新たなアナリティクス部門)と提携し、個人のLQ(Learnability Quotient)を特定するウェブベースのビジュアルアセスメントを開発しました。このソリューションは、個人の意欲や学習タイプに対するインサイトを提供します。

個人にとってのメリット:

  • 自分のラーナビリティ(学習意欲)特性を把握できます
  • ラーナビリティ(学習意欲)の向上に役立つ情報が提供されます

企業にとってのメリット:

  • 人材開発に関する意思決定を容易にします
  • 従業員の俊敏性や/流動性を把握できます
  • 自己啓発の意欲を測定します

Learnability Assessment(学習意欲評価)は、3つの側面(冒険心: 本来持っている探求心、知性: 学習する意欲、慣例にとらわれない思考: 現状に疑問を持つ)から評価された結果により、組織と個人の成功を後押しします。

ラーナビリティ(学習意欲)に関するニュース

ラーナビリティ(学習意欲)についてもっと知るにはこちらをクリック

**英語**

**英語**

概要

マンパワーグループは65年以上にわたり、企業が組織内において人材の力を活用するために必要な、革新的な人材開発ソリューションを提供してきました。 ブランド一丸となって、派遣や正社員の人材配置から戦略的コンサルティングやアウトソーシングにいたるまで、現代の企業が直面している複雑な人材に関する課題に対応しています。 顧客企業や求職者と連携して働く世界の発展に貢献するとともに、企業と個人の成功を実現するために尽力いたします。

ManpowerGroup

Hogan Xは、アセスメント業界の新興テクノロジーに注目したHogan Assessmentsの新しいアナリティクス部門です。 Hogan Xの目標は、データを確実に管理できるような透明性の高い非侵入型手法で、お客様のデジタルアイデンティティを正確かつ予測性の高い個人プロファイルに変換することです。

Hogan X